募集要項

[ 応募規約 ]

池袋みらい国際映画祭(以下「本映画祭」といいます。の応募規約(以下「本規約」といいます。)を以下の通り定めます。ご応募していただくには、以下の注意事項をよくお読みのうえ、同意していただくことが必要です。また、未成年者の場合は、保護者の同意を得る必要があります。

[ 名称 ]

第3回池袋みらい国際映画祭

[ 主催 ]

第3回池袋みらい国際映画祭実行委員会、豊島区、特定非営利活動法人いけぶくろ大明
企画・運営 第3回池袋みらい国際映画祭実行委員会

[ 会期 ]

2019年1月25日(金)~1月27日(日)(予定)

[ 目的 ]

池袋みらい国際映画祭は、未来を担う若手映像作家を地域の方々と育成するための映画祭です。「国際」は、映画祭に関わる若者が将来(みらい)日本から海外へ羽ばたいていくことを願い命名しました。

[ 応募条件 ]

【題材】
『学校』や『学生』を素材とした自主制作映画
※直接学校や学生が登場していない作品でも問題ありません。
【年齢制限】
メンバーの平均年齢が10代~20代で構成された制作チーム
【ジャンル】
不問
※特撮・アニメーションなどでも問題ありません。

【入賞歴・その他の映画祭への応募状況など】
一切不問。
※過去に本映画祭で上映実績のある作品はご遠慮ください。

[作品部門]

・長編部門…26分~90分以内
・短編部門…25分以内
各部門3作品程度を上映します。
【提出物】
・本編(YouTube等の動画ストリーミングサービスへアップしたURL)
・予告編(YouTube等の動画ストリーミングサービスへアップしたURL)
・キャプチャ画像7点(5MB以上の場合はファイルストレージサービへアップしたURL)
【締切日】
2018年12月1日(土)<消印有効>

[ 審査と発表 ]

1.ノミネート選考審査
実行委員会が委嘱する選考審査員が応募作品の中からノミネートに該当する作品を合議により選出します。ノミネートされた作品は、ノミネート選考審査後、速やかに応募者に通知され、当映画祭公式サイト(2019年1月を予定)において正式発表されます。
※選考の結果は、2019年1月上旬までに全ての応募者宛に通知します。
2.最終審査
最終審査は、実行委員会が委嘱する以下の審査員によって審査されます。
【一般審査員】一般公募した審査員
【地域審査員】会場のみらい館大明や豊島区にゆかりのある審査員
【特別審査員】現役で映画を制作しているプロの映画監督やプロデューサーなど

[ 賞 ]

賞については、2018年10月頃正式に発表します。
また、各賞の受賞作品には、賞状のほかに副賞をご用意しています。
【昨年度の実績】
「池袋シネマ・ロサでの特別上映」「Amazon.co.jpにてDVD・BD化及び一般発売」「みらい館大明撮影利用特別優待権」

[ 注意事項 ]

【素材の管理について】
実行委員会は、上映素材を受領した時点から映画祭終了後までの期間、責任を持って保管します。
映画祭終了後、受け取った素材の返却は行いません。上映素材は必ずコピーしたものやデータをお送りください。
【字幕】
原語が日本語以外の作品の場合は、応募者の負担で日本語字幕を制作してください。
字幕は画面右側、縦書きでご提出ください。

【権利処理】
音楽著作権、映像著作権その他の権利処理を済ませた上で応募してください。未処理の場合、これにより生じた一切の紛争につき本映画祭及び実行委員会は責任を負いかねますのでご了承ください。
【広報用の素材使用の了承】
本映画祭出品に際し、映画祭サイト、SNS、パンフレット・チラシ等の広報用の素材として、作品のキャプチャ画像、本編の一部、予告編の一部を使用させて頂きます。
【了解事項】
「第3回池袋みらい国際映画祭」の応募者は、すべての応募規約を完全に理解し、これを承諾したものとみなします。
なお、エントリーフォームに記載された事項に虚偽、または重大な誤りがあった場合はノミネート対象から除外するとともに、実行委員会が負担した経費を請求させていただくことがあります。

[ 応募方法 ]

応募用紙をダウンロードし、下記の映画祭事務局まで送付ください。
エントリー料は無料ですが、応募用素材の送料や保険料は応募者の負担となります。

エクセル形式(.xlsx 20kb)

PDF形式(.pdf 76kb)

池袋みらい国際映画祭運営事務局

東京都豊島区池袋3-30-8
みらい館大明内 池袋みらい国際映画祭運営事務局
E-mail:info@miraifilmfes.tokyo

メールを送る

PAGE TOP