映画祭概要

[池袋みらい国際映画祭とは]

豊島区若者支援事業の一環で、10代から20代の映像作家の卵を支援することを目的に、2017年1月、第1回を実施しました。
会場は撮影場所としても使われている小学校の閉校施設『みらい館大明』。
タイトルの『国際』は、映画祭に関わった若者たちが将来(みらい)、日本から世界へ羽ばたいていけることを願って命名しました。
監督たちの熱い想いが詰まった作品をお待ちしています!

[開催日]

2019年1月27日(日)
開場:11時30分
開演:12時

[タイムテーブル]

12:00 オープニング(東京リサーチ合奏団様)・ご挨拶・映画祭概要説明
12:15 特別上映 日本こども映画コンクール審査員特別賞入賞作品
子ども映画プロジェクト 夏『手紙がつないだ夏』
12:30 としま映像教育プロジェクト作品上映『置きざりの2人~マナーにうるさい海賊の掟~』
子ども映画プロジェクト作品上映『オタ×イケ』
制作者インタビュー
13:00 『霞立つ』
監督:永井和男/2018年制作/20分
13:20 『「あい」をたべる』
監督:渡辺悠太/2018年制作/8分
(東京工芸大学芸術学部アニメーション学科)※制作当時
13:28 制作者インタビュー・休憩
13:48 『ユキジの国のアリサ』
監督:山口十夢/2018年制作/76分
(立命館大学)※制作当時
15:04 制作者インタビュー・休憩
15:19 『ナナちゃん、Oh mein Gottしよ♡』
監督:西本達哉/2017年制作/21分
(映画美学校)
15:40 『口と拳』
監督:溝口道勇/2016年制作/50分
(武蔵野大学)※制作当時
16:30 制作者インタビュー・休憩
16:50 『夏を撮る』
監督:柴口勲(制作チーム:下関市文洋中学校)/2015年制作/48分
17:38 制作者インタビュー・休憩
17:48 投票開始・フリーコーナー
18:30 表彰式(審査結果を発表)

[場所]

みらい館大明 大明スタジオ

[審査と発表、賞について]

1.ノミネート選考審査
実行委員会が委嘱する選考審査員が応募作品の中からノミネートに該当する作品を合議により選出します。ノミネートされた作品は、ノミネート選考審査後、速やかに応募者に通知され、当映画祭公式サイト(2019年1月を予定)において正式発表されます。
※選考の結果は、2019年1月上旬までに全ての応募者宛に通知します。
2.最終審査
最終審査は、実行委員会が委嘱する以下の審査員によって審査されます。
【短編賞】実行委員会による選考委員
【みらい賞】実行委員会による選考委員
【地域審査員】会場のみらい館大明や豊島区にゆかりのある審査員
【特別審査員】現役で映画を制作しているプロの映画監督やプロデューサーなど
3.賞について
各賞の受賞作品には、賞状のほかに副賞をご用意しています。
【副賞】
盾、「みらい館大明」利用優待券
【昨年度の実績】
「池袋シネマ・ロサでの特別上映」「Amazon.co.jpにてDVD・BD化及び一般発売」「みらい館大明撮影利用特別優待権」

池袋みらい国際映画祭運営事務局

東京都豊島区池袋3-30-8
みらい館大明内 池袋みらい国際映画祭運営事務局
E-mail:info@miraifilmfes.tokyo

メールを送る

PAGE TOP